**活動紹介**

京都大学鉄道研究会では、研究部会、写真部会、模型部会の三部会を中心に、年間を通して様々な活動を行っております。
三部会は会員のゆるやかな集合体であり、種々のイベントは強制もなく、自由に参加できます。

>>例会

↑例会の様子

例会はほぼ月に1回、教室を借りたり、またはBOXで行われています。
旅行会の行先を決めたり、研究テーマを決めたりします。

>>旅行会


↑夏の旅行会の様子(2015年度)

↑春の旅行会の様子(2016年度)

例年夏は5泊、春は1泊の旅行会を行っています。今年度夏の旅行会は四国が、春の旅行会は新潟が行き先として設定されました。

夏は1泊目、3泊目、5泊目のみ宿を設定し、その他の宿や行程は各自の自由です。ひたすら乗り鉄に徹するもよし、撮影しまくるもよし、観光地めぐりもよし。

また旅行会以外にも、会員同士誘い合わせての旅行も多いです。

>>11月祭(NF)

↑レイアウト


↑休日はたくさんの方にご来場いただきます

当会では例年11月祭に出展しています。
鉄道動画を流し、主として模型・研究・写真各部会による展示をしています。また物販も盛んにおこなわれています。
NF後には会員で打ち上げも行っております。

>>撮影会

  セノハチにて227系の8連快速

           セノハチにて227系の8連快速


       間もなく廃止とされる三江線


例年秋に撮影会を行っています。
希望者には一眼レフなどカメラを貸し出し、気軽に鉄道撮影に触れられます。
2016年度は広島近辺を10月下旬の週末に2泊3日で訪れました。


そのほか、乗り潰し(全国の鉄道をひたすら乗りまくる!)やオリタデ(駅に降りる!)、鉄道音の録音、鉄道廃線跡を歩く、きっぷや駅時刻表などの収集など、みな様々な活動を行っています。
多彩な趣味の会員がおり、活動は鉄道以外にも広がります。

?

inserted by FC2 system